豆造四方山話

今川製菓に棲む、するめ豆の妖精・豆造の四方山話。

今川製菓でTwitterキャンペーンをやると、良く見かけるのが豆とナッツの区別が付いてない方。
そりゃまぁ、コレは豆!これはナッツ!とかいちいち確認しながら食べませんもんね。

ググると、「豆とはマメ科に属する植物のうち、ダイズ・アズキ・ソラマメ・エンドウなど実を食用とするものの総称。また、その実。」と書かれています。

ナッツとは種実類に分類されている中の「木の実」のこと。
アーモンドやくるみは「木の実」で、食べている部分が果肉ではないため「種実類」。種実類とは、かたい皮や殻に包まれた食用の果実の種子の総称ということになります。

ざっくり、種か実か、で区別されているわけですね。

というわけで、アーモンドやくるみはナッツ、大豆や落花生は豆ということですね。

・・・・ん?落花生?落花生ってピーナッツでしょ?ピーナッツ!?
(謎をのこしたまま次回へ続く)